ヨーロッパ滞在について

date: 2012.10.01

既にご存知の方も多いと思いますが、私、木村は、10月24日から2013年1月20日まで、ヨーロッパに滞在しながら仕事をすることにしました。
パリを拠点にしながら、欧州の他の国にも少しだけ行こうと思っています。


離れた場所に居ながら、日本の仕事をすることに半分の時間を使い、残りの時間で別のことをしようと考えています。
オフィスの移転の予定もあり、あらためてSTARRYWORKS inc.の方向性を考えたり、ヨーロッパ滞在の目的などの考えをまとめました。



STARRYWORKS inc. という集団について


(1)手と頭がつながって価値のあるモノを作る人たちの集団でありつづけたい


だれかのために、
頭を使って、
手を動かして、
何かを作る。


だれかのためになることを本気で考えて、ちゃんと頭を使って、自分たちの手を動かして、モノを作るということを続けていれば、 10年後にプロダクト作ってるかもしれないし、50年後に野菜作ってるかもしれないけど、
なんとかメシは食っていけると思ってるし、
だれかのためになるモノを作るということは、シンプルで素晴らしいことだと思います。


社員ひとりひとりが、自分や自分の大切な人たちがいるこの世界を少しでも良くしたり、大切な人たちを笑顔にしたり、そういうことができるモノづくりを目指していきたいです。


(2)人を増やして拡大していくのではなく、作れるモノの価値を上げることを追求したい


今までもこれからも、情報伝達技術や移動手段がどんどん発展して、すごいスピードで世界の距離が縮まっていたり、今まで不可能だったことが可能になっていたりする中で、求められるものも変化するし、モノの作り方も変化するし、自分たちや世の中の人びとの価値観も変化していくと思います。


そうした変化の中で、価値観やノウハウを効率よくリアルタイムに共有できる少人数のメンバーで、誰もができる均質なモノづくりではなく、自分たちだからこそできることを続けることによって、より価値の高いモノづくりができるような集団になっていきたいと考えています。


そしてそれをずっと続けて、自分たちの未来に投資して成長し続けるために、会社として利益を上げていきたいです。


(3)自分たちにしかできないことを育てていきたい


自分たちの頭と手をちゃんと使って毎日何かを作りけることは、それ自体がすごい財産です。
例えば30年後、作るモノや作り方は変わっても、今とその未来がちゃんと線で繋がってて、それまでの積み重ねによって自分たちにしか出来ないようなより価値の高いモノ作りができるようになっていたいです。


そのためには、たくさんの仕事を受けて、たくさんアウトソーシングをして売上を上げるより、自分たちに知識やノウハウが貯まって成長していけるような仕事をしていきたいと思っています。



ヨーロッパ滞在の目的:経営者として


(1)ヨーロッパのクリエイティブ業界における仕事に対する考え方を知りたい


ヨーロッパのクリエイティブ業界において、仕事に対する考え方や価値観、企業と労働者の関係や賃金、労働時間、休暇などの状況を知り、今後の会社の経営に活かしたいと思っています。


(2)クライアントやエージェンシーとプロダクションやデザイナーの関係、役割分担、進行について知りたい


広告や販促、商品開発など様々な分野で企画者やデザイナーや開発者の関係や役割分担、進行などについて知ることで、今後の企画や制作進行に活かしたいと思っています。


(3)海外との仕事の可能性を探りたい


海外のクリエイターとの協業や、海外の仕事を日本で受けることの可能性を探りたいと思っています。



ヨーロッパ滞在の目的:個人のクリエイターとして


(1)遠隔地での仕事の可能性に挑戦したい


何かを作る人にとって、作る場所はとても重要な要因で、その土地の空気や景観、食べ物などによって作るモノも変わってくると思います。
また、だれかのために作ったり、だれかと一緒に作る場合、その人と会って話すことはすごく大切なことだと思います。


一方で、特にウェブの仕事の場合は、メールやスカイプがあれば世界中どこにいても会話やデータのやりとりが出来るので、離れていても仕事をすることができます。
離れた場所に行くことによって、離れた日本のメンバーとの協業や、その土地での作ることによる考え方の広がりや作るモノ変化、人に出会うことによる一緒に作る人や作る相手の広がりの可能性を探りたいと思っています。


(2)他の会社の仕事を見てみたい


すごく個人的なことですが、高卒で大学や専門学校にも行かず、企画や制作の会社でも一度も働いたことがなく、ずっと独学で我流でやってきたので、一度他の会社を見てみたり、お手伝いしたりできないかと思っています。


(3)視野を広げ、成長したい


高校生のころに3つの国で短期間のホームステイをしたことがありますが、国や地域によって、言葉も宗教も違うので、手でご飯を食べたり、毎日5回のお祈りを欠かさなかったり、島に住んでて移動手段は全部船だったり、みんな家に当たり前のようにプールやテニスコードがあったりと、それぞれほんとにいろんな生活があり、いろんな価値観があって、すごく刺激を受けました。
でも、その頃はモノづくりを仕事にすることや、デザインには全く興味がありませんでした。


モノ作りの仕事をしてる今の自分が、日本とは別の形で美を追求し続けて来た欧州の国の歴史や文化、思想に触れることで、もっと広い視野で、作るモノや作り方を考えられるようになりたいと考えています。
あと、普段の生活で使ったり町中で見かける文字がアルファベットだけになる状態で欧文書体の美に対する感覚を磨きたいと思っています。



短い期間なので、どこまで出来るか分かりませんが、会社としても個人としてもより素敵な未来に繋がればと思っています。


きむら