DANCEDANCE

date: 2013.08.0208/02/2013
弊社創業7周年記念プロジェクト。 コンセプトは、言葉や宗教、文化、世代を超えた「表現」のもっとも原始的で本能的な行為のひとつである “DANCE” 。 映像や照明、独自開発した入力デバイスなどを使い、9つのインタラクティブな作品たちすべてが会場内の1つの音楽にシンクロする、空間全体を使った体験型の展示を行いました。来場者は会場内の音楽を再生しているターンテーブルを使って全作品の時間軸をコントロールできるほか、来場者が参加できる映像作品も用意。 DMには、イベントのメインモチーフにもなっているアナログレコードを採用。独自開発したソフトウェアにより、音の波形をコントロールして、レコードにグラフィックをのせる試みを行いました。This was a project for our firm’s 7th year anniversary. The concept was “DANCE”, which goes beyond words, religion, culture, and age, and is one of the most ancient and instinctive activities. We opened a special and experiential exhibition with nine interactive works, which synchronized into one piece of music, using visual elements, lighting, and custom made input devices. The visitors could control the time axis of all of our works using a turntable that was playing the music inside the exhibition hall, and we also had visual works that attendants could participate in. For the invitation, we used an analog recorder. It was also the event’s main motif. We experimented with originally developed software, which controlled the sound waves and put graphics on the records.